注意!! 姿勢が悪いことで起こる症状!!part1

姿勢が悪いことで起こる問題は外見だけではありません。

「たかが姿勢が悪いぐらいで・・・」

と思われる方もいるかもしれませんが、

様々な体の不調を引き起こす原因となるので注意が必要です。

その中で、代表的な症状をお伝えしていきたいと思います。

肩こり

悪い姿勢が引き起こす代表的な症状です。

特に頭の位置が前方に傾くことで、首から背中、そして肩の後方の筋肉は頭を支えるためにかなりの力が必要となります。

この状態が続くと肩に違和感が生じ、肩こりにつながります。

ちなみに、頭の重さなのですが、成人で体重比の約10%あると言われています。

体重50キロの人で5キロある計算ですね!なかなか重たいですね!

腰痛

腰痛も姿勢の悪さが原因となります。

背中が丸くお腹の力が抜けている人が多いです。

姿勢が悪く、うまく腹筋が使われてないからです

そのため、上半身の重さが骨と椎間板というクッションの役割をしている個所に

かなりの負担をかけてしまうため、

腰の部分は不調を起こしやすく

腰痛や椎間板ヘルニアなどになりやすくなります。

O脚

「O脚はもともとだから仕方がない。」

と思われている方も多いと思いますが、実は姿勢が悪いことで起こっていることも多く

姿勢を治すとO脚が治ったと言うことも沢山あります。

原因となるのは、お腹の筋肉と太ももの内側の筋肉が姿勢によってうまく使われてないことにあります

この筋肉がうまく使えるようになるとO脚は改善されていくのです。

 

便秘

当院に来られるお客様に色々話を聞いていると

「実は便秘なんです」

と悩んでいる方もとても多いです。

原因には、食生活や様々な習慣など色々ありますが、

姿勢が悪いことで、お腹の筋肉が弱くなったり、腸の働きが低下し便秘になります。

そのため、姿勢を改善していくと自然にお腹の筋肉が使えるようになり、腸の働きも良くなり

便秘も解消していきます。

このように、悪い姿勢が原因となる症状はたくさんあります。

これもごくほんの一部です。

次回も、姿勢が悪いことで起こる症状を紹介していきますね!

腰痛・ぎっくり腰について詳しくはこちら

腰痛・ぎっくり腰

この記事に関する関連記事